令和2年度 岐阜県産業技術総合センター研究成果発表会 on Webのお知らせ

 岐阜県産業技術総合センターでは、「モノづくり技術」に関する総合的な研究開発・技術支援の観点から、各種研究事業を進めています。このたび、令和元年度に実施した研究の成果を紹介する研究成果発表会を開催されます。
 今年度は新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、岐阜県産業技術総合センターのウェブサイトで公開しますので、ぜひご覧ください。


 

開催日時 令和2年12月1日(火)~令和3年3月31日(水)
開催場所 岐阜県産業技術総合センターウェブサイト
 http://www.gitec.rd.pref.gifu.jp/research/presentation/
視聴対象 主に県内に事業所を有する企業に従事する方や県内の個人事業者
の方を対象としていますが、どなたでもご覧いただけます
研究発表に
関する質問
について
所属機関・部署・役職、氏名、連絡先(住所・電話番号)と、
研究課題名・質問内容をご記入のうえ、下記メールアドレス
まで送信してください。
 E-Mail:seminar00@gitec.rd.pref.gifu.jp
研究課題
●技術支援部
・スマート金型の応用展開に関する研究 (山田俊郎)
・金属材料への表面処理技術に関する研究
 -表面開始重合によるステンレス上への有機被膜の形成-
  (大川香織)
・金属材料への表面処理に関する研究(第1報) -低温窒化-
  (小寺将也)
●機械部
・プレス金型の故障診断手法の確立 (横山貴弘)
・次世代自動車・航空機部品の製造に必要な異種材料
 接合技術の開発
 -異種金属接合技術の開発- (加賀忠士)
・軽量部材加工技術に関する研究 (小川大介)
●金属部
・アルミダイカスト部品の高品質・低コスト化を実現する
 製造技術の開発(水谷予志生)
・レーザーによる顔料を使用しない金属製品への着色技術
 および、ぎふブランド製品の開発 (田中等幸),
・刃物切れ味試験機の試験精度向上に関する開発研究(第3報)
  (田中泰斗)
・鋳物の高品質化、品質管理技術に関する研究 (関範雄)
●化学部
・ゾルゲルコーティングによるTi系硬質膜の形成 (茨木靖浩)
・プラスチック材料の品質向上技術の開発
 -リサイクルPE-PP材料の定量化手法の開発- (足立隆浩)
・石灰水洗ケーキの用途開発に関する研究(第2報)
 -重金属溶出抑制材(不溶化材)への応用- (藤田和朋)
●繊維・紙業部
・AIを活用した検反技術に関する研究 (遠藤善道)
・GIFUブランド繊維製品の開発 (林浩司)
・美濃産楮の高品質化のための栽培・管理技術の開発
 -美濃産楮の品質評価- (浅野良直)
・軽量・高保温性繊維素材の開発 (中島孝康)
・紙の高機能化と品質評価に関する研究
 -段ボールの湿度環境変化を伴う静的荷重試験- (大平武俊)
●次世代技術部
・FRPサンドイッチ材の成型技術に関する研究 (仙石倫章)
・セルロースナノファイバー(CNF)を用いたマルチマテリアル化   (浅倉秀一)
・軽量材料/情報技術を活用した福祉機器の開発 (千原健司)
・次世代自動車・航空機部品の製造に必要な異種材料接合技術
 の開発、超音波振動によるFRP-金属接合技術の開発 (西垣康広)
・熱可塑性FRPの疲労評価・推定・診断に関する研究 (鈴木貴行)
●情報技術部
・品質見える化のための画像センシング技術に関する研究開発
 -両手検出技術を用いた作業時間計測システムの開発- (松原早苗)
・目視検査員のための目のセルフケア支援技術の研究開発(第1報)
 (藤井勝敏)
・AI技術を活用した検査工程の省力化・効率化 (渡辺博己)
・モータ状態計測システムとエミュレータの開発 (田畑克彦)
・温湿度センシングに関する技術開発 (久冨茂樹)
・画像処理によるフロック計測の研究 (大橋勉)
・穴あけ加工のドリル破損予兆の検出 (横山哲也)
・鋳造分野におけるデジタルものづくり (久冨茂樹)
・壁面撮影装置を用いた画像統合技術と点検支援システムの
 研究開発(第2報) (生駒晃大)