レポート<14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」>

2月22日(水)~24日(金)、一宮市総合体育館(DIADORAアリーナほか)にて、(公財)一宮地場産業ファッションデザインセンター(FDC)主催による<14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」>が開催され、5,745名の来場者を迎え、盛況のうちに幕を閉じました。

 

S_IMG_0204S_IMG_0205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14th JAPAN YARN FAIR

全国最大規模の糸の展示商談会で、全国の紡績、合繊メーカー、意匠撚糸、糸商社など53社が各社の特長を活かし、機能性や意匠性に富んだ高付加価値の糸を提案しました。

 

総合展「THE 尾州」

*ジャパン・テキスタイル・コンテスト2016 優秀作品展
グランプリをはじめとする優秀作品、一般の部31点、学生の部16点が展示発表されました。
(一社)日本アパレル・ファッション産業協会の協力により、グランプリ等の受賞作品を元にクリエイター3名が制作した衣装3点も展示されました。

S_IMG_0212S_IMG_0208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*尾州匠コレクション
「ロイヤルツィード」をテーマにした開発素材16点が展示されました。会場では、匠ネットワークのメンバーが開発のこだわりや技術的な特徴などをプレゼンしました。

S_IMG_0210


 

 

 

 

 

 

 

*いちみんのミサンガづくり 無料体験コーナー
学生や一般の方などを含む多くの来場者がミサンガ作りを楽しみました。

S_IMG_0219


 

 

 

 

 

 

 

尾州産地展・繊維関連機器展

「糸から製品まで」をキーワードにした尾州産地内の繊維企業6社・繊維団体2団体、デザインシミュレーションなどの繊維関連機器を取り扱う企業4社が出展し、それぞれの強みを活かした素材や技術を紹介し多くの商談が交わされました。

S_IMG_0216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」の詳細は、FDCホームページでご覧いただけます
FDCホームページ >>>
開催報告 >>>