ウールが出来るまで

wool001 wool002
羊毛からウール生地が出来上がるまでは、3つの工程があります。
 A.紡績工程:ウールの毛糸を作る
 B.織布工程:糸を織り上げる
 C.整理工程:織物を仕上げる

A.紡績工程

・ウールを、洗い、すき、紡ぐといった毛糸を作る段階です。

①毛選

 ・羊毛の品質チェック
 ・品質に応じて仕分け
 原産国からの検査データを基に、一俵一俵、太さ、長さ、スタイル、植物 質の含有量などをベテランの目でチェックします。 検査されたウールは、品質に応じてブレンドされ、ベルトコンベアーの上で さらに人の手により異常なウールが取り除かれ次の工程へ行きます。

②洗毛

wool003

〔洗毛機〕
 ・洗毛機で石鹸とソーダ水を使い洗う
(副産物の油(ウールグリース)は、精製する とダノリンがとれ、口紅やクリーム等の原料に。)
 ・廃液は、環境基準に適合した廃液管理処理へ。
 洗毛機の中で、油や土砂や植物質の不純物を含むウールを、ゆっくりと押し洗いし、純白な洗い上げウールにします。

③-1.梳毛カード(スライバー工程)

・洗い上がったウールは大小のふっくらした固まりになっているが、これをカード機にかけて繊維1本1本にほぐし、スライバーという「繊維の長さを平行に並べたロープ状の繊維の束」にします。
wool004

〔コーミング工程ともいう〕

③-2.再洗(スライバー工程)

・スライバーをさらに細く引き揃えるとともに、再洗機で洗毛段階でとれなかった植物性不純物を取り除きます。
wool005

〔カーディング工程ともいう〕

④トップ

・きれいになったスライバーを巻き上げて西洋こまのような形にするので、これをトップと言います。
wool006

〔トップ〕

※この段階で染色することを、トップ染と言います。色ぶれのない均一で安定した 色合いが得られます。その他、糸の段階で染色することを糸染め、生地(反物)の段階で 染色することを反染めと言い、用途に応じて染色方法を選びます。
また、この段階のスライバーは赤ちゃんの腕くらいの太さで、1m当り25グラム位です。

⑤前紡

・前紡機でさらにスライバーを引き伸ばして、 うどん位の太さにします。

⑥精紡

・このスライバーをリング精紡機で糸の太さに引き伸ばすとともに、 糸を紡いで行きます。この糸を1分間に1万回転以上回るスピンドルで 巻き取っていきます。

⑦単糸にする

・巻き取った糸をコーンに巻き返しながら、糸むらや不良部分をとりさります。
wool007

〔コーン〕

⑧双糸にする

・単糸でも織物は出来ますが、通常、2本の単子をより合わせ双糸にして使います。
wool008

〔チーズ〕に 双糸を巻き上げ

※⑥~⑧までをリング精紡機で一気にするのがサイロスパン
以上は、ウールの中で梳毛といわれる軽くてしなやかな糸を 作る工程です。
ウールの中では、もう一つ、紡毛と言われる梳毛より短い原料を 混ぜ合わせて太い糸を作る工程があります。 紡毛糸は、出来た段階でニット糸や手編み用の毛糸として、 そのままでも出荷されます。

B.織布工程

・織布とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を直角に 組み合わせて布にすることです。

①経整形

・経糸を必要な本数だけ織物の幅に合わせてシート状にして ビームというドラム缶を横に細長くした様なものに、巻き取ります。
wool009

〔ビーム〕

通常の150CM幅では、4,000~6,000本の経糸が使われます。

②経通(たてとおし)

・ビームの各糸の先端を、ドローイング・イン・マシーンによりヘルド という針金の穴と筬(おさ)の目に、一本一本通していきます。 これで、織る準備ができました。
wool010

〔準備完了〕

③織布

・織機では経糸を一本一本通したヘルドで、組織に合わせて経糸を上下に開き、その間に緯糸を通します。そして通った緯糸を、筬で叩いて詰めます。
wool011

〔シャトル織機〕

緯糸を運ぶ方法には、シャトル(日本語:「杼」ひ)を使う伝統的なものと、グリッパー 等を使った高速織機があります。 50Mを織るのに、シャトル方式なら20時間位、グリッパー方式なら6時間位かかります。

C.整理工程

織上がったものを生機(きばた)と言い、この状態では毛織物の ふくらみがなくガサついています。 ・生機を、柔軟で膨らみのある自然の光沢をもった手触りの良い 毛織物に作り変える工程が整理工程(=仕上げ工程)です。
【サージ、ギャバなどで代表される<梳毛織物>の整理工程を説明します。】

①毛焼き

・生機の表面の毛羽を、ガスの炎の上を通して焼きます。 火に強いウールの特性を活かした工程で、なめらかでクリアーな表面に なります。

②洗絨(せんじゅう)

・洗剤で汚れを落とし、重いローラへ何回も通します。それにより 適度な柔軟性と膨らみが出ます。

③湯のし

・ローラーに巻き込んで熱湯の中で、ローラを回します。織るときに 引っ張られた糸の弾力性を取り戻し、後の工程で角の縮みをなくします。

④毛剪(けせん)

・仕上工程で発生した余分な毛をかりとり、滑らかにします。

⑤蒸絨(じょうじゅう)

・スチームに入れて蒸します。これにより自然な光沢を持った形くずれの しにくい、しなやかな毛織物になります。
【一方、フラノ、ツイード等で代表される紡毛織物の整理工程を簡単に説明します。 】 梳毛織物に比べて紡毛織物の整理工程は、バラエティーにとんでいます。 大きな違いを、二つ説明します。

・縮絨工程

・重いローラの中を何回も通すことにより、ウール繊維だけが持つ 特色でフェルト化現象が進み、お互いに絡み合い緻密で厚い織物に なります。

・起毛工程

・表面変化をつける工程で、ハリガネやアザミで表面を引っかき毛羽を 引き出し、好みにそれを刈り揃えたり、寝かせたりします。
梳毛織物も紡毛織物も仕上げの最後に、検反と反巻をします。

⑥検反

・毛織物を検反台に進めながら慎重にチェックします。
wool012

〔検反〕

⑦反巻

・検反でパスしたものだけを、反巻し梱包して出荷します。
【こうした様々な長い3つの工程を経て、ウールの特色を 最大限に生かした毛織物が誕生します。】